湯ヶ島温泉 瀬古の大湯(世古の大湯)

伊豆半島を南北に走る国道414号の途中、伊豆市湯ヶ島は山間地の風景の中にある。数件の温泉宿が存在する。緑は深く物静かで散策が似合いそうな温泉地だ。




国道から県道59号に進み、猫越川に架かる世古橋を目指す。橋を少し過ぎると左手に電話ボックスがある。その敷地にはバス停と駐車スペースがある。車はこの場所に駐車できる。浴舎は細い階段道を降りた先にある。浴舎の入口には赤い料金箱が用意されている。100円だ。

手前が男湯で、脱衣所には木製の棚、長椅子が置かれるだけだ。12時前、先客は2人、会釈して浴室へ入る。正面に浴槽、左の壁に洗い場が配置されている。洗い場の蛇口からは水が出る。湯は浴槽からくみ上げて使用する。




浴槽は2槽に分かれ、湯口のある左の浴槽が僅かに大きめ、溢れた湯が流れ込む右側の浴槽は少し小さい。右の浴槽を溢れた湯は洗い場へ流れる。湯口のある浴槽の湯は熱め、右の浴槽の湯は適温だ。無色で透明の湯は浴感に癖がない。手にすくってみる。これといった臭いもなく味もない。素直で素朴な印象を与える。




立ち上がると浴槽の上にある窓から流れる川の風景を眺めることができる。緑深い風景に心落ち着く。湯に身を沈めると風景を眺めることはできないが、川の流れる音、鳥の声、蝉の声、風のささやきが聞こえてくる。自然に抱かれていることを感じ得る場所だ。


湯ヶ島温泉 瀬古の大湯(世古の大湯)
静岡県伊豆市湯ヶ島瀬古の滝1964
カルシウム・ナトリウム-硫酸塩温泉
46.9℃
シャンプー類なし ドライヤーなし
内湯
100円
11:00~21:00
2016/8/1